コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内輪差 ナイリンサ

デジタル大辞泉の解説

ないりん‐さ【内輪差】

自動車などがカーブを曲がる際、回転中心側の前輪後輪が描く円弧半径に生じる差。大型トラックなど、車体全長が長いほど内輪差は大きくなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないりんさ【内輪差】

自動車の旋回時に内側前輪の軌跡と内側後輪の軌跡が示す回転半径の差。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の内輪差の言及

【道路】より

…この曲線を緩和曲線といい,クロソイド曲線を用いる場合が最も多い。なお,曲線部では自動車の後輪が前輪より内側を走るので(内輪差),急な曲線部や交差点の左折車線等では車線幅を広げる(1車線について2m以下の拡幅)。交差点の形は処理すべき交通量に応じていろいろあるが,一般に交通量が少ないときはごく普通の平面交差とし,交通量が多くなると交通島を設けて左右折車を分けたり,信号をつけたり,立体交差方式をとる。…

※「内輪差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内輪差の関連キーワードcenter diff巻き込み・巻込みフルタイム4WD回転半径自動車軌跡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android