後輪(読み)アトワ

デジタル大辞泉の解説

あと‐わ【後輪】

後方の車輪。
馬具で、鞍橋(くらぼね)の後ろの高くなっている部分。しずわ。

こう‐りん【後輪】

車のうしろの車輪。⇔前輪

しず‐わ〔しづ‐〕【後輪】

馬の鞍橋(くらぼね)の部分の名。背後にめぐらした部分。前方の前輪(まえわ)に対する呼び名。あとわ。しりわ。

しり‐わ【後輪/尻輪】

しずわ」に同じ。
「鞍の前輪より、鎧の前後の草摺を―かけて、矢先三寸余りぞ射通したる」〈古活字本保元・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとわ【後輪】

後方の車輪。
しずわ(後輪)」に同じ。

こうりん【後輪】

車の後方の車輪。 ⇔ 前輪

しずわ【後輪】

くらの部分。鞍橋くらぼねの後部の山形に高くなっている部分。しりわ。あとわ。 ⇔ 前輪鞍橋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後輪の関連情報