後輪(読み)アトワ

  • ▽後輪
  • ▽後輪/尻輪
  • こうりん
  • しずわ しづ‥
  • しずわ〔しづ〕
  • しりわ

デジタル大辞泉の解説

後方の車輪。
馬具で、鞍橋(くらぼね)後ろの高くなっている部分。しずわ。
馬の鞍橋(くらぼね)の部分の名。背後にめぐらした部分。前方前輪(まえわ)に対する呼び名。あとわ。しりわ。
しずわ」に同じ。
「鞍の前輪より、鎧の前後の草摺を―かけて、矢先三寸余りぞ射通したる」〈古活字本保元・中〉
車のうしろの車輪。⇔前輪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 馬具の名。鞍骨(くらぼね)の後部の高くなっているところ。しずわ。しりわ。⇔前輪
※三河物語(1626頃)三「馬之かしらのかたへうしろをして、あとのかたへまへをして、頸がねをはめて、あとわにゆい付て」
② 後方の車輪。
〘名〙 車のうしろの車輪。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉秋葉の原昔話「達摩と称する、一輪はずっと大きく後輪は小さいこれも二輪車」
〘名〙 (「しつわ」とも) 鞍の部分の名。背後の鞍骨(くらぼね)をいう。前の鞍骨の前輪(まえわ)に対する呼称。
※愚管抄(1220)五「その程にて多く射かけける矢の、鞍のしづはの上より腰に立(たち)たりけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後輪の関連情報