前輪(読み)まえわ

精選版 日本国語大辞典「前輪」の解説

まえ‐わ まへ‥【前輪】

〘名〙
① 馬具の鞍橋(くらぼね)の一部で前部の輪形に高まった所をいう。⇔後輪(しずわ)
※保元(1220頃か)中「鞍の前輪より、鎧の前後の草摺を」
② 前の方の車輪ぜんりん
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉米人のお国自慢「車台も前輪(マヘワ)も滅茶々々に押し潰してしまった」

ぜん‐りん【前輪】

〘名〙 乗物の、前の車輪。
※一千一秒物語(1923)〈稲垣足穂〉 THE MOONRIDERS 「前輪を砂地に突っこんで モータサイクルはトンボ返りを打った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android