円鑿方枘(読み)エンサクホウゼイ

デジタル大辞泉の解説

えんさく‐ほうぜい〔ヱンサクハウゼイ〕【円×鑿方×枘】

まるいほぞ穴に、四角いほぞを入れること。二つのものがうまく合わないことのたとえ。円孔方木(えんこうほうぼく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんさくほうぜい【円鑿方枘】

〔史記 孟子荀卿伝
円い穴に四角な枘ほぞを入れる意で、物事がうまくかみ合わないたとえ。円孔方木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えんさく‐ほうぜい ヱンサクハウゼイ【円鑿方枘】

〘名〙 (「史記‐孟軻伝」の「持方枘円鑿、其能入乎」による) まるいほぞ穴に、四角なほぞを入れるの意で、物事が互いにかみ合わないことのたとえ。方枘円鑿(ほうぜいえんさく)。円枘方鑿(えんぜいほうさく)。〔新撰字解(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android