コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冒認出願

1件 の用語解説(冒認出願の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

冒認出願

冒認出願」とは、発明者でないもので、その発明について特許を受ける権利を承継していないものが出願し、特許を受けることをいう。発明者は真実に発明したものに限られることは当然であり、「冒認出願」は許されないし(第49条7号)、仮にそのような者に誤って特許が付与された場合はその特許は無効とされる(第123条1 項6号)。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の冒認出願の言及

【特許】より

…日本の特許法によれば,特許権を取得しうるのは,発明者またはその承継人に限られる。他人の発明を盗んで出願しても冒認出願として拒絶査定を受けるし(特許法49条6号),特許を受けても無効理由となる(123条1項6号)。なお,これは従業者が職務上発明を完成させた場合も同様であり,その発明についての特許出願権は,まず従業者に原始的に帰属し,使用者は単に無償の排他力のない通常実施権を取得するのみである(35条1項)。…

※「冒認出願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

冒認出願の関連キーワード発明権特許の出願共同出願共同発明者拒絶理由国内優先権特許掲載公報特許制度特許を受ける権利発明者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冒認出願の関連情報