発明者

精選版 日本国語大辞典の解説

はつめい‐しゃ【発明者】

〘名〙
① 賢い人。利口者。はつめいもの。
※洒落本・風俗八色談(1756)一「世の中にいふ発明者(ハツメイシャ)とほめられる者を見るに、人をだまして軽薄を以て取入て、金を借て返さず」
② 発明をする人。また、ある発明をした人。発明家。発明人。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕

はつめい‐もの【発明者】

咄本・鼠の笑(1780)弘けい子「てい主、はつめいものにて、むかうの寺から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発明者の関連情報