コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真電球 しゃしんでんきゅうphotographic lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真電球
しゃしんでんきゅう
photographic lamp

写真スタジオでの照明に用いる色温度 3200~3400Kの写真用白熱タングステン電球。電球内面にアルミニウム反射面をもつリフレクターランプヨウ素ガスを封入し長寿命,高効率,色温度不変を特徴とするヨウ素ランプ (ハロゲンランプ) ,照明器具にセットして用いるナス型写真電球がある。さらにリフレクターランプには散光型のフラッドランプ (照射角度 60~80°で,特に広いものは 100°) と集光型のスポットランプ (照射角度 20~30°) とがある。青色ガラスを用いた色温度 6000Kのカラー写真用リフレクターランプもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

写真電球の関連キーワードタングステンタイプ写真用電球

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android