冥土にも知る人(読み)メイドニモシルヒト

デジタル大辞泉の解説

冥土(めいど)にも知る人

どんなへ行っても、知り合いに会うものだということ。また、どんな所でも知り合いはできるものだということ。地獄にも知る人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいどにもしるひと【冥土にも知る人】

どこにでも知り合いはいるということのたとえ。地獄にも知る人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいど【冥土】 にも 知(し)る人(ひと)

どのような所でも、知己はできるものだ。また、どんな遠い未知の土地に行っても知人にめぐりあえるということのたとえ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android