知人(読み)しるひと

精選版 日本国語大辞典「知人」の解説

しる‐ひと【知人】

〘連語〙
り合い。しりびと。また、友。仲間。ちじん。おしるびと。
※古今(905‐914)雑上・九〇九「たれをかもしる人にせんたかさごのまつもむかしの友ならなくに〈藤原興風〉」
② 愛する人。愛人。
※枕(10C終)二八「わがしる人にてある人の、はやう見し女のことほめいひ出でなどするも〈略〉なほにくし」
③ 情趣を解する人。ものの趣きのわかる人。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「しる人にもあらずやとひげしへど」
④ 悟りを得た人。
※ささめごと(1463‐64頃)下「迷へる者は牛毛のごとし、知る人は麟角のごとしとなり」

ち‐じん【知人】

〙 知っている人。しりあい。ちかづき。しりびと。しりゅうと。
※静嘉堂文庫本無名抄(1211頃)「我死なん後は、又知る人もなくてやみぬべき事と知人に会ひて語りける」

しりゅうと しりうと【知人】

〘名〙 (「しりひと」の変化した語) =しりびと(知人)〔韻字集(1104‐10)〕
平家(13C前)五「これ程の事に逢て遠国へながされ給ふに、しりうとはもち給はぬか

しり‐びと【知人】

〘名〙 知っている人。知り合い。ちじん。しりゅうと。
※能因本枕(10C終)三一九「憑き人のしり人などは、らうたくおぼえて木丁のもとちかくゐて衣ひきつくろひなどする」

しる‐と【知人】

〘名〙 「しるひと(知人)」の変化した語。
※御伽草子・天狗の内裏(室町時代物語集所収)(室町末)「しるとに御なり候て、かしづきて、たまはり候へとありければ」

しり‐うと【知人】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「知人」の解説

しりゅうと〔しりうと〕【人】

《「しりひと」の音変化》知人。知り合い。
「―はもち給はぬか」〈平家・五〉

ち‐じん【知人】

互いに知っている人。知り合い。
[類語]面識顔馴染み顔見知り馴染み幼馴染み昔馴染み知り合い知己知音存じ寄り隣人旧友旧知旧識故人故旧古馴染み幼友達竹馬の友知る近付き

しり‐うと【知人】

しりゅうと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「知人」の解説

【知人】ちじん

人物を見わける。〔書、〕人を知るは則ち哲なり。能く人をにす。

字通「知」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android