知人(読み)シリウト

デジタル大辞泉の解説

しり‐うと【知人】

しりゅうと

しりゅうと〔しりうと〕【人】

《「しりひと」の音変化》知人。知り合い。
「―はもち給はぬか」〈平家・五〉

ち‐じん【知人】

互いに知っている人。知り合い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりゅうと【知人】

〔「しりひと」の転〕
知りびと。

ちじん【知人】

知っている人。知り合い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しり‐うと【知人】

しり‐びと【知人】

〘名〙 知っている人。知り合い。ちじん。しりゅうと。
※能因本枕(10C終)三一九「憑き人のしり人などは、らうたくおぼえて木丁のもとちかくゐて衣ひきつくろひなどする」

しりゅうと しりうと【知人】

〘名〙 (「しりひと」の変化した語) =しりびと(知人)〔韻字集(1104‐10)〕
※平家(13C前)五「これ程の事に逢て遠国へながされ給ふに、しりうとはもち給はぬか

しる‐と【知人】

〘名〙 「しるひと(知人)」の変化した語。
※御伽草子・天狗の内裏(室町時代物語集所収)(室町末)「しるとに御なり候て、かしづきて、たまはり候へとありければ」

しる‐ひと【知人】

〘連語〙
① 知り合い。しりびと。また、友人。仲間。ちじん。おしるびと。
※古今(905‐914)雑上・九〇九「たれをかもしる人にせんたかさごのまつもむかしの友ならなくに〈藤原興風〉」
② 愛する人。愛人。
※枕(10C終)二八「わがしる人にてある人の、はやう見し女のことほめいひ出でなどするも〈略〉なほにくし」
③ 情趣を解する人。ものの趣きのわかる人。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「しる人にもあらずやとひげし給へど」
④ 悟りを得た人。
ささめごと(1463‐64頃)下「迷へる者は牛毛のごとし、知る人は麟角のごとしとなり」

ち‐じん【知人】

〘名〙 知っている人。しりあい。ちかづき。しりびと。しりゅうと。
※静嘉堂文庫本無名抄(1211頃)「我死なん後は、又知る人もなくてやみぬべき事と知人に会ひて語りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知人の関連情報