知己(読み)ちき

精選版 日本国語大辞典「知己」の解説

ち‐き【知己】

〘名〙
① 自分の気持や考えをよく知っている人。自分をよく理解してくれる人。
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「知己難逢匪今耳、忘言罕遇従来然」
江談抄(1111頃)二「一条左大臣感彼知之言」 〔戦国策‐趙策・襄子〕
② 知り合って親しくなること。また、その人。知人。友人。しりあい。
※杜詩続翠抄(1439頃)四「五十年の知己、是れ程の乱裏豈不問乎」 〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二二「笑語熙々として恰かも数年来の知己(チキ)たるが如し」
③ (形動) よく知ってなじみになること。また、そのさまやそのもの。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「浅草の十二軒か両国のならび茶屋あたりの知己(チキ)なる処(とこ)え腰をかけて」
[補注]「色葉字類抄」「日葡辞書」などには「チコ」という形が掲げられており、中世までは呉音読みの「チコ」が優勢であった可能性がある。近世以後「チキ」が一般的になった。

ち‐こ【知己】

〘名〙 =ちき(知己)
※色葉字類抄(1177‐81)「知己 朋友部 チコ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「知己」の解説

ち‐き【知己】

自分のことをよく理解してくれている人。親友。「この世に二人とない知己を得る」
知り合い。知人。「知己を頼って上京する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android