コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出羽の里

2件 の用語解説(出羽の里の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

出羽の里

「山田錦」の流れをくむ酒造好適米「吟吹雪」と、県産酒造好適米「出羽燦々(さんさん)」の交配種。県農業試験場庄内支場(現・県農業総合研究センター水田農業試験場)が開発、05年に品種登録された。耐冷性があり、いもち病にも強い。心白の割合が出羽燦々より約3割多い。

(2010-06-09 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

出羽の里

酒造好適米の品種のひとつ。山形酒86号。山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場で1994年に育成。2007年品種登録された。滋系酒56号と山形酒49号の交配種。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出羽の里の関連キーワード獅子物越後流兼国勅筆流流れを汲む一河の流れを汲むも他生の縁桃家兼国(1)堤等琳(初代)山田錦所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出羽の里の関連情報