コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒造好適米 しゅぞうこうてきまい

飲み物がわかる辞典の解説

しゅぞうこうてきまい【酒造好適米】


日本酒づくりに適した性質を持つ酒造用品種の米。食用の米に比べ、アルコール生成に必要なでん粉質の割合が高く、雑味を生じさせるたんぱく質の割合が低い。また粒が大ぶりで高度な精米にも耐え、中心部に白く不透明な部分があるが、これは組織が疎(まば)らな部分で、発酵を行いやすい。「山田錦」「五百万石」「美山錦」などの品種が知られる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

酒造好適米の関連キーワード白鶴 大吟醸 一渓西海134号東条産山田錦龍の落とし子石川酒30号ロシオ・41とちぎ酒14いにしえの舞福徳長山田錦阿波山田錦改良八反流伝匠月桂冠改良信交十段仕込兵庫恋錦星あかり山酒4号改良雄町特醸 雅出羽の里

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒造好適米の関連情報