酒造好適米(読み)しゅぞうこうてきまい

飲み物がわかる辞典の解説


日本酒づくりに適した性質を持つ酒造用品種食用の米に比べ、アルコール生成に必要なでん粉質の割合が高く、雑味を生じさせるたんぱく質の割合が低い。またが大ぶりで高度な精米にも耐え、中心部に白く不透明な部分があるが、これは組織が疎(まば)らな部分で、発酵を行いやすい。「山田錦」「五百万石」「美山錦」などの品種が知られる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒造好適米の関連情報