コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分枝過程 ぶんしかていbranching process

1件 の用語解説(分枝過程の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしかてい【分枝過程 branching process】

生物集団の個体数の時間的変化をモデルとして導入された確率過程の一種。そこでは,各個体は独立に同じものを再生することと仮定する。離散時間の場合の分枝過程の典型は,ガルトン=ワトソン過程{Z(t)}(t=0,1,2,……)である。おのおのがk個体を産む確率をpkとする。Xt,it世代におけるi番目の親がもつ子どもの数とするとき,Z(0)=1で定義される。この{Z(t)}は状態空間を{0,1,2,……}とするマルコフ連鎖となり,0はその吸収壁である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone