応用(読み)オウヨウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐よう【応用】

[名](スル)原理や知識を実際の事柄に当てはめて用いること。「習ったことを実生活に応用する」「応用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうよう【応用】

( 名 ) スル
理論やすでに得た知識を、具体的な個々の事例や他の分野の事柄にあてはめて用いること。また、相手やその場の状況に合わせて変化させて用いること。 「 -がきく」 「てこの原理を-する」
〘仏〙 〔「おうゆう」とも〕 「応化おうげ」に同じ。 「 -言ことば辺々に候へば/太平記 29

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用の関連情報