応用(読み)おうよう

精選版 日本国語大辞典「応用」の解説

おう‐よう【応用】

〘名〙
① 仏語。仏が衆生を救うために、それぞれに応じた働きをあらわすこと。おうゆう。〔宝覚真空禅師録(1346)〕
② 原理や知識を、他の場合や実際的な事柄にあてはめて活用すること。
※ささめごと(1463‐64頃)下「有相の歌道は無相法身の歌道の応用也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「十人十色(といろ)といふ人間界の語は、其儘(まま)ここにも応用出来るのである」

おう‐ゆう【応用】

〘名〙 =おうよう(応用)
※米沢本沙石集(1283)一「仏法を信ぜぬたぐひには、同躰無縁の慈悲によりて等流法身(とうりうほっしん)の応用(ヲウユウ)を垂れ、悪鬼邪神の形を現し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「応用」の解説

おう‐よう【応用】

[名](スル)原理や知識を実際の事柄に当てはめて用いること。「習ったことを実生活に応用する」「応用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android