コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用 オウヨウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐よう【応用】

[名](スル)原理や知識を実際の事柄に当てはめて用いること。「習ったことを実生活に応用する」「応用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうよう【応用】

( 名 ) スル
理論やすでに得た知識を、具体的な個々の事例や他の分野の事柄にあてはめて用いること。また、相手やその場の状況に合わせて変化させて用いること。 「 -がきく」 「てこの原理を-する」
〘仏〙 〔「おうゆう」とも〕 「 応化おうげ 」に同じ。 「 -言ことば辺々に候へば/太平記 29

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

応用の関連キーワードアーサー・F. バディントンメディカルエレクトロニクスファジーコンピューターリファレンスデザインオートプラスティック日本応用動物昆虫学会ウィリアム フェラーハイテクベンチャーミュンスターバーグナレッジエンジニアスピントロニクスApplied~応力/オーリキキネジセラピー応物/オーブツ応数/オースーヒルの方程式応用古生物学暗視ゴーグル応化/オーカ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用の関連情報