応用(読み)オウヨウ

  • おうゆう

大辞林 第三版の解説

スル
理論やすでに得た知識を、具体的な個々の事例や他の分野の事柄にあてはめて用いること。また、相手やその場の状況に合わせて変化させて用いること。 -がきく てこの原理を-する
おうゆうとも 応化おうげに同じ。 -言ことば辺々に候へば/太平記 29

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =おうよう(応用)
※米沢本沙石集(1283)一「仏法を信ぜぬたぐひには、同躰無縁の慈悲によりて等流法身(とうりうほっしん)の応用(ヲウユウ)を垂れ、悪鬼邪神の形を現し」
〘名〙
① 仏語。仏が衆生を救うために、それぞれに応じた働きをあらわすこと。おうゆう。〔宝覚真空禅師録(1346)〕
② 原理や知識を、他の場合や実際的な事柄にあてはめて活用すること。
※ささめごと(1463‐64頃)下「有相の歌道は無相法身の歌道の応用也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「十人十色(といろ)といふ人間界の語は、其儘(まま)ここにも応用出来るのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

応用の関連情報