分火(読み)ブンカ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐か〔‐クワ〕【分火】

[名](スル)
おおもとの灯火(ともしび)を分けて別の場所でともすこと。また、その分けた灯火。「平和の灯が全国に分火される」
(比喩的に)人々がある思想や行為に共感し、それが世間に広がること。「厳しい世の中を照らすささやかな善意が分火され大きな動きになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分火の関連情報