コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分火 ブンカ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐か〔‐クワ〕【分火】

[名](スル)
おおもとの灯火(ともしび)を分けて別の場所でともすこと。また、その分けた灯火。「平和の灯が全国に分火される」
(比喩的に)人々がある思想や行為に共感し、それが世間に広がること。「厳しい世の中を照らすささやかな善意が分火され大きな動きになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

分火の関連キーワードアゾレス[諸島]ギョウザ肉料理火山岩善意灯火番茶

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分火の関連情報