コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善意 ぜんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善意
ぜんい

法律用語としては,一定事情を知らないことをいう。道徳的な評価とは無関係である。民法には,善意者を保護し,その責任を軽減する規定がおかれている (94条2項,96条3項,191,704条など) 。悪意に対する語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐い【善意】

よい心。
他人のためを思う親切心。好意。「善意の人々」⇔悪意
好意的に相手の言動などをとらえること。よい意味。「善意に解釈する」⇔悪意
法律で、ある事情を知らないですること。私法上、原則として善意の行為は保護され、責任は軽減される。⇔悪意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんい【善意】

よい心。善良な心。
他人のためによかれと思う心。好意。 「 -でした行為」
物事をすべてよいように受け取る心。いい意味。 「 -に解釈する」
〘法〙 法律上の効果を生じうる一定の事実を知らないで行なった行為についての意志。私法上、一般に善意の行為は保護され、責任は軽減されることが多い。
▽↔ 悪意

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

善意の関連キーワード赤い蝋燭と人魚・赤い蠟燭と人魚公信力[ドイツ登記制度]ルース エインズワースグッドウイルガイド煙突の見える場所オリバーツイストジョー ブスケニャールのサガユナニミスムお目出たき人善意の第三者おむすびの日グッドウィルグッドウイル善意/悪意あしたの風デマメール悪意・善意保護責任者善意・悪意

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善意の関連情報