善意(読み)ぜんい

精選版 日本国語大辞典「善意」の解説

ぜん‐い【善意】

[1] 〘名〙
① よい心。良な心。立派な考え。⇔悪意
高瀬舟(1916)〈森鴎外〉「女房は夫の貰ふ扶持米で暮しを立てて行かうとする善意(ゼンイ)はあるが」 〔孔叢子‐抗志〕
② 他人のためを思う心。親切な心。好意。また、他人の良心を信ずる心。好意的に他人を見ようとする心。⇔悪意
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「若し善意を以て蒟蒻(こんにゃく)問答的に解釈してやれば」
(1911‐13)〈森鴎外〉六「吝(けち)な末造の処置を、お玉親子は大そう善意(ゼンイ)に解釈して」 〔漢書‐蘇武伝〕
③ 法律で、ある事実を知らないでそれを行なうこと。たとえば、善意の買い主とは、盗品遺失物であることを知らないで買った者をいう。⇔悪意。〔仏和法律字彙(1886)〕
[2] 狂言。和泉流番外曲。貧しくて親を養いかねた男が盗みにはいってつかまえられるが訳を話して許され、酒をごちそうになった上に刀までもらう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「善意」の解説

ぜん‐い【善意】

よい心。
他人のためを思う親切心。好意。「善意の人々」⇔悪意
好意的に相手の言動などをとらえること。よい意味。「善意に解釈する」⇔悪意
法律で、ある事情を知らないですること。私法上、原則として善意の行為は保護され、責任は軽減される。⇔悪意
[類語]好意厚意老婆心好感

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「善意」の解説

善意
ぜんい

法律用としては,一定の事情を知らないことをいう。道徳的な評価とは無関係である。民法には,善意者を保護し,その責任を軽減する規定がおかれている (94条2項,96条3項,191,704条など) 。悪意に対する語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android