分裂菌類(読み)ぶんれつきんるい(英語表記)Schizomycetes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広義の細菌がこれに該当する。 D.バージーの細菌検索便覧 (1957) によっても 188属 1450種が知られている。シュードモナス目 Pseudomonadales,クラミドバクテリウム目 (糸状細菌類) Chlamydobacteriales,ヒフォミクロビウム目 Hyphomicrobiales,真正細菌目 Eubacteriales,放線菌目 Actinomycetales,カリオファノン目 Caryophanales,ベッギアトア目 Beggiatoales,粘性バクテリア目 Myxobacteriales,スピロヘータ目 Spirochaetalesおよびミコプラズマ目 Mycoplasmatalesの 10目があり,なかでもシュードモナス目,真正細菌目,放線菌目に属するものが種類に富んでいる。いずれも細胞は微小で真正の核の分化はみられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の分裂菌類の言及

【細菌】より

…バクテリアともいう。細菌という場合,一般的には真正細菌類を指しているが,分裂菌類を指す場合もある。分裂菌類には,真正細菌のほか,放線菌,粘液細菌,スピロヘータなども含まれている。…

※「分裂菌類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android