細菌(読み)さいきん

百科事典マイペディア「細菌」の解説

細菌【さいきん】

バクテリアとも。原細胞からなる単細胞生物。普通は真正細菌類を指すが,放線菌,糸状菌,スピロヘータ紅色細菌等を含めることもある。大きさは幅0.2〜10μmで,細胞膜と細胞壁を持つが,核・葉緑体・ミトコンドリアなどの構造を持たない。形態によって,球菌杆(かん)菌,らせん菌等に大別される。またグラム染色によってグラム陽性菌グラム陰性菌とに大別される。ブドウ球菌連鎖球菌などはグラム陽性菌で,ペニシリンなどに対する感受性が高い。大腸菌サルモネラ菌赤痢菌などはグラム陰性菌。細胞の2分裂により増殖,または内生胞子を形成。無機物のみで発育する独立栄養菌,有機物を必要とする従属栄養菌があり,発酵・呼吸(嫌気(けんき)性菌好気性菌)によってエネルギーを得る。寄生するもの,病原性を有するものもある。地球上の物質循環に大きな役割を果たし,発酵,汚物処理などで農工業に,抗生物質,ビタミンの生産,遺伝子工学での有用タンパク質の製造などで医薬学に利用される。また,発病や免疫の機序,遺伝の機序などの生物学研究の道具ともなっている。→独立栄養従属栄養
→関連項目クラミジア原核生物細菌学植物細菌病ファイトプラズママイコプラズマ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「細菌」の解説

さい‐きん【細菌】

原核細胞を持つ単細胞微生物原形質に明瞭なをもたない生物の一群。主に分裂によって繁殖する。地球上の至る所に存在する。食品加工や有機物分解に利用されるが、病原体となるものも多い。光合成細菌藍藻類(シアノバクテリア)、窒素固定菌、放線菌など。バクテリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

妊娠・子育て用語辞典「細菌」の解説

さいきん【細菌】

微生物で、顕微鏡で見ることができます。人に有害な細菌、たとえば体の中に入り込んで病気を起こすものもありますが、人の生活に有用な細菌(納豆を作る納豆菌など)もあります。また、人と共生している細菌も。代表が腸内にいるビフィズス菌でしょう。皮膚や鼻の穴には黄色ブドウ球菌などもよく住んでいます。ちなみに黄色ブドウ球菌は、大人または健康な皮膚にはなんでもない菌ですが、皮膚が傷ついていたり抵抗力が落ちていたりすると、「とびひ」を起こすこともあります(子どもに多い病気ですが、大人でもなることがあります)。このように、状況によって人に有害になったりならなかったりする菌を「日和見菌(ひよりみきん)」と呼んだりします。なお、こうした病気を起こす細菌を退治する薬が抗菌薬です

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)妊娠・子育て用語辞典について 情報

栄養・生化学辞典「細菌」の解説

細菌

 バクテリアともいう.微生物の一群.原核生物.原核生物は古細菌と真正細菌からなり,真正細菌は細菌とシアノバクテリア(ラン藻)からなる.細菌には光合成細菌,滑走細菌,有鞘細菌,出芽細菌,スピロヘータ,螺旋菌,グラム陰性好気性桿菌・球菌,グラム陰性通性嫌気性桿菌,グラム陰性嫌気性細菌,グラム陰性球菌・球桿菌,グラム陰性嫌気性球菌,グラム陰性化学合成独立栄養細菌,メタン生成細菌,グラム陽性球菌,内生胞子形成桿菌・球菌,グラム陽性内生胞子非形成桿菌,放線菌と類縁細菌,リケッチア,マイコプラズマがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「細菌」の解説

さい‐きん【細菌】

〘名〙 原核細胞を有する単細胞の微生物。形状によって球菌、桿菌(かんきん)、螺旋(らせん)状菌に分けられる。主に分裂によって繁殖し、地球上の至る所に存在する。各種の病原体になるものも少なくないが、食品加工に用いられたり、有機物の分解などに有益なものも多い。細菌植物。バクテリア。
※妄想(1911)〈森鴎外〉「人工で培養した細菌(サイキン)やそれを種(う)ゑた動物の血清で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「細菌」の解説

さいきん【細菌 bacteria】

バクテリアともいう。細菌という場合,一般的には真正細菌類を指しているが,分裂菌類を指す場合もある。分裂菌類には,真正細菌のほか,放線菌,粘液細菌,スピロヘータなども含まれている。 細菌(真正細菌類)は,原核細胞からなる単細胞生物である。その種類は1800近くが知られている。通常,生物の分類は形態的特徴に基づいて行われるが,細菌は単細胞生物でもあり形態的特徴に乏しいので,形態的特徴とともに生理的および生化学的特徴や,各種培地での培養上の特徴にも重点がおかれて種の分類がなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の細菌の言及

【薬用植物】より

…新鮮な植物の葉をもんで傷口に貼ったり,1種類あるいは数種類の生薬を煎じて服用したりした時代とは異なり,化学的な成分の分析,有効成分の検索により,新しい薬用植物,用途が開発されつつある。
[薬用植物とその利用形態]
 薬用植物は下等植物から高等植物まで,小は細菌から大は樹木まで幅広くみられる。抗生物質の多くは土中の細菌類から単離されるため,細菌も薬用植物に含めるようになった。…

※「細菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android