刈り生(読み)カリウ

デジタル大辞泉の解説

かり‐う〔‐ふ〕【刈り生】

草木を刈ったあと、再び芽が出ること。また、その場所。
「長月の萩の―に置く露は」〈曽丹集

かり‐ふ【刈り生】

かりう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android