コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初乗り ハツノリ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐のり【初乗り】

[名](スル)
新年に初めて乗り物に乗ること。「乗馬クラブで初乗りを楽しむ」
新しくできた乗り物などに初めて乗ること。「開通したばかりの路線に初乗りする」
電車やタクシーなどの、運賃の最低単位として設定された乗車距離。また、その運賃。「初乗り運賃」
[補説]12と異なり、3の「初」は漢字本来の意味とずれている。かつては「最低運賃」「基本料金」といったが、昭和40年代後半から「初乗り運賃」に変わってきた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつのり【初乗り】

新年に初めて乗り物や馬に乗ること。のりぞめ。初騎り。 [季] 新年。
初めて乗り物などに乗る経験をすること。また、新たに所有した乗り物などに初めて乗ること。のりぞめ。
タクシー・電車などの乗りはじめの最低料金の区間。しょのり。 「 -運賃」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

初乗りの関連キーワードタクシー特別措置法とカルテル問題半額運賃のケア輸送サービスタクシー規制を巡る訴訟東京の新タクシー運賃タクシー運賃値上げone meterワンコインタクシー大阪市の敬老パスSFメトロカード東京は410円タクシー規制自動車交通公定幅運賃代行運転都市交通タクシー補説

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初乗りの関連情報