路線(読み)ろせん

精選版 日本国語大辞典「路線」の解説

ろ‐せん【路線】

〘名〙
① 一地点から他の地点に達する道路、鉄道、自動車などの道筋
※地方官会議日誌‐六・明治八年(1875)六月二七日「路線の起る処と其達する地位等を」
② ある組織・団体などで、目標に向けての運動方針や方向。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉二「小林秀雄ら『文学界』主流の路線に思想的に一層接近する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android