コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初乗り運賃 ハツノリウンチン

2件 の用語解説(初乗り運賃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつのり‐うんちん【初乗り運賃】

初乗り3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初乗り運賃
はつのりうんちん

交通機関を利用するとき、最初に支払う運賃あるいはその制度。鉄道運賃、バス運賃、タクシー運賃高速道路料金などで一般的であり、航空運賃などにはみられない。また貨物運賃においても初乗り運賃制度は採用されていない。
 初乗り運賃は、乗車した最初のときには相対的に高い額の運賃が課され、それ以降の運賃率は高くないのが通常である。初乗り運賃は、経済学の理論上は電力料金やガス料金で採用されている二部料金制の変形として理解される。ただし、電力やガスは基本料金だけではサービスを利用できないが、初乗り運賃はそれだけでサービスの利用が可能である。
 初乗り運賃は、相互乗入れの進んだ鉄道事業において、複数の鉄道会社の路線を乗り継ぐときに割高になる(いわゆる「初乗り運賃の二重取り」)という問題点が指摘される。またタクシー運賃では、わずかの距離を利用しただけで高額の運賃を徴収されることになるため、タクシー離れを起こしやすいという点が指摘されている。[竹内健蔵]
『竹内健蔵著『なぜタクシーは動かなくてもメーターが上がるのか――経済学でわかる交通の謎』(2013・NTT出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初乗り運賃の関連キーワード初・初心・産・生只乗り名乗り字初乗り輪乗り下乗り飛乗り庭乗り乗り一乗慣れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初乗り運賃の関連情報