コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利を見ては義を思い危うきを見ては命を授く リヲミテハギヲオモイアヤウキヲミテハイノチヲサズク

デジタル大辞泉の解説

利(り)を見ては義を思い危うきを見ては命(いのち)を授(さず)く

《「論語」憲問から》立派な人格教養を備えている人は、利益になることがあればそれを得るのは正しいかどうかをまず考え、危急の場合には命を投げ出して事に当たる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android