コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻(とき)だまりの姫

1件 の用語解説(刻(とき)だまりの姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

刻(とき)だまりの姫

篠原千絵による漫画作品。刻の狭間「刻溜まり」に封印されていた大姫が現れ、人間の歪んだ心をそそのかす、ミステリーホラー。『プチコミック』2008年4月号~2009年10月号、『モバイルフラワー』に連載。小学館フラワーコミックスα既刊2巻。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刻(とき)だまりの姫の関連キーワード蒼の封印海の闇、月の影霧の森ホテル天は赤い河のほとりバット君水に棲む花闇のパープル・アイ夢の雫、黄金の鳥籠陵子の心霊事件簿Lady Love

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone