コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前渡金 まえわたしきん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前渡金
まえわたしきん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前渡金の言及

【手付】より

…また,建設工事契約においては前払金の有無,支払方法等は契約書上記載されるべきこととされている(建設業法19条)。なお,建設工事契約では前渡金(まえわたしきん∥ぜんときん)とも呼ぶ)および申込証拠金とがある。これらのうち,内金は代金の支払そのものであるから,契約締結の際に交付されるとは限らず,また,内金を放棄して契約を解除することもできない。…

【手付】より

…また,建設工事契約においては前払金の有無,支払方法等は契約書上記載されるべきこととされている(建設業法19条)。なお,建設工事契約では前渡金(まえわたしきん∥ぜんときん)とも呼ぶ)および申込証拠金とがある。これらのうち,内金は代金の支払そのものであるから,契約締結の際に交付されるとは限らず,また,内金を放棄して契約を解除することもできない。…

※「前渡金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前渡金の関連キーワードリンコーコーポレーション子会社の不適切な経理処理問題流動資産融通手形越後屋奉公人仮受金熊野杉得意先

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android