コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得意先 とくいさきcustomer

翻訳|customer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

得意先
とくいさき
customer

顧客のこと。得意の語は,本来は親しい友という意味であったが,それが転じて商家などで常に買ってくれる客,互いに気を許すことができる売込み相手をいうようになった。この得意先と商人との関係は特に行商人の間で重視され,代表的な例として越中富山の薬売り,越後の毒消し売りにみられる。得意先は地方により,うりつけ,いりつけ,こめびつなどの名で呼ばれ,行商人同士は互いの得意先を侵すことを慎み,顧客も商人を替えることを控えた。商人にとって得意先は財産とみなされて何代にもわたって継承される例も多く,嫁に行く娘にその一部を分け与えることも行われていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくい‐さき【得意先】

いつも品物を買ってくれる客。また、ふだん取引する相手。取引先。顧客(こかく)。「得意先をまわる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくいさき【得意先】

ひいきにしてくれる客。いつもよく買ってくれる客。とくい。顧客。取引先。 「 -をまわる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

得意先の関連キーワードアカウントエグゼクティブ(AE)マーケティングエージェンシーアカウントエグゼクティブクリエーティブグループセールスドライバーキー・アカウントルート・セールス掛け先・掛先暖簾を分ける引っ張り回すアカウントカスタマー保険外交員総勘定元帳得意先管理太鼓を叩く御用聞き受取手形十方旦那しくじる

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得意先の関連情報