コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前置層 ぜんちそうforeset bed

岩石学辞典の解説

前置層

三角州を構成する堆積物で海または湖に向かって成長する急斜面を前置面と呼び,前置面を形成する堆積物を前置層という[木村ほか : 1973].三角州,砂丘,砂州,漣波などの前の傾斜面に転がり落ちた堆積物が集まった傾斜層[Barrell : 1912, Pettijohn & Poter : 1964].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の前置層の言及

【三角州】より

…これは,河口から押し出された粒子が静水中で安息角をとって堆積するためで,次々と運搬されてくる粗粒堆積物はその前面へ付加するように堆積しつづける。この斜面が三角州の前縁にあたっており,斜面を前置斜面,堆積物を前置層(堆積物)とよんでいる(図1)。これに対して,細粒堆積物(シルトや粘土)は沖合で拡散し,前置斜面の前方にゆっくりと堆積して底置層とよばれる地層を形成する。…

※「前置層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前置層の関連キーワード平面型斜交層理三角州堆積物底置層頂置層

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android