コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剥離面線構造 はくりめんせんこうぞう current lineation

2件 の用語解説(剥離面線構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

剥離面線構造

剥離面線構造(2.6.3)

剥離面線構造

砂岩に見られる構造で,平行な葉理をもち,流れの方向に粒の長軸が配列する傾向のあるもの.層理面上の溝と頂部とのわずかな凹凸が見られるものをparting-plane lineation[McBride & Yeakel : 1963]といい,平行な小さな階段状の段さが葉理を横切っているものをparting-step lineation[McBride & Yeakel : 1963]という[Cloos : 1938, Stokes : 1947, McBride & Yeakel : 1963].current lineation, primary current lineationなどと同義.層理面に平行に葉理(lamina)が発達し,剥離性が発達した地層の層理面の上に見られる線状の堆積構造をいう[木村ほか : 1973].一次剥離面線構造pit-and-mound structure)[Sokes : 1947].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剥離面線構造の関連キーワード褶曲葉理書籍石パーティングステップ線構造書籍構造直線葉理膨縮構造ネット状構造移動構造柱状構造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone