凹凸(読み)おうとつ

精選版 日本国語大辞典「凹凸」の解説

おう‐とつ アフ‥【凹凸】

〘名〙 物の表面が平らでないこと。高低ができること。また、均等でないこと。でこぼこ。たかひく。
※艸山集(1674)一四・旅寓得月字「一歩皆天遊、万里任
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉九「主脳技術者の低脳な工場へ行くと床面は凹凸し、ての点に於て面白からぬものがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凹凸」の解説

おう‐とつ〔アフ‐〕【凹凸】

表面が平らでないこと。でこぼこ。「凹凸の激しい路面」
均等でないこと。「月々の出来高に凹凸がある」
[類語]凸凹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「凹凸」の解説

【凹凸】おう(あう)とつ

でこぼこ。清・燮〔画題、一筆石〕西江の先生、名は个(こ)、能く一筆石を作る。而して石の凹凸淺深、曲折肥、畢(ことごと)くはらざる無し。大山人の高弟子なり。燮(せふ)、偶(たまたま)一たび之れを學べり。

字通「凹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android