凹凸(読み)オウトツ

  • おうとつ アフ‥
  • おうとつ〔アフ〕

デジタル大辞泉の解説

表面が平らでないこと。でこぼこ。「凹凸の激しい路面」
均等でないこと。「月々の出来高に凹凸がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物の表面が平らでないこと。でっぱりとへこみ。でこぼこ。 表面に-がある

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物の表面が平らでないこと。高低ができること。また、均等でないこと。でこぼこ。たかひく。
※艸山集(1674)一四・旅寓得月字「一歩皆天遊、万里任凹凸
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉九「主脳技術者の低脳な工場へ行くと床面は凹凸し、凡ての点に於て面白からぬものがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

凹凸の関連情報