コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副作用非発現量

栄養・生化学辞典の解説

副作用非発現量

 第六次改定日本人の栄養所要量で,「許容上限摂取量 (tolerable upper intake level: UL)」を決定する過程で,副作用の発現しない上限量として検討された摂取量とされている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

副作用非発現量の関連キーワードリスク評価モデル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android