功徳日(読み)くどくにち

精選版 日本国語大辞典「功徳日」の解説

くどく‐にち【功徳日】

仏教で、その参拝すれば、平日の参詣以上の功徳があるとされる日。九十日(二月晦日)、百日(元旦・三月四日・四月一八日)、四百日(五月一八日・六月一八日・一〇月一九日)、四千日(八月二四日・九月二〇日・一二月一九日)、六千日(一一月七日)、または四万六千日(七月一〇日)など。くどくび。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android