功徳日(読み)くどくにち

大辞林 第三版の解説

くどくにち【功徳日】

〘仏〙 四万しまん六千日のように、寺社に参詣すると特に大きな功徳を得られるとされる日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くどく‐にち【功徳日】

〘名〙 仏教で、その日参拝すれば、平日の参詣以上の功徳があるとされる日。九十日(二月晦日)、百日(元旦・三月四日・四月一八日)、四百日(五月一八日・六月一八日・一〇月一九日)、四千日(八月二四日・九月二〇日・一二月一九日)、六千日(一一月七日)、または四万六千日(七月一〇日)など。くどくび。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android