功徳(読み)くどく

精選版 日本国語大辞典「功徳」の解説

く‐どく【功徳】

〘名〙 (「く」は「功」の呉音) 仏語
① 現在、また未来に幸福をもたらすよい行ない。神仏果報をうけられるような善行。すぐれた果を招く力を徳としてもっている善の行為。断食、祈祷、喜捨、造仏、写経の類。
※令義解(718)僧尼「功徳。〈謂。修善也〉」
※読本・昔話稲妻表紙(1806)四「読経にまさる功徳(クドク)なれ」 〔大乗義章‐九〕
② 神仏のめぐみ、ごりやく。善行をつんだ報い。
※性霊集‐一(835頃)喜雨歌「業障重 功徳軽」
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「この御経のくどくあまねく人の知るところ也」

こう‐とく【功徳】

〘名〙
功績徳行。事功と恩徳。
※読詩要領(1802)「頌とは、宗廟に奏するの楽、先祖の功徳を頌美して祭にすすむる故なり」 〔史記‐秦始皇紀〕
② 人や世の中のためになる善行。恩恵。くどく。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「民に功徳なき者、何を用て奉祀せん」 〔礼記‐王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「功徳」の解説

功徳
くどく

善行や福徳における優れた性質、また善や福を積んで得られたもの。功徳と訳されるサンスクリット語グナguaは、優れた性質、価値ある特質を意味する。そのほか功徳と訳される語には、プニヤpuya(福、善、福徳)やアヌシャンサanuśasa(利点、利益)などがある。また善の行為には、宗教的なものと世俗的なものがあり、中国の曇鸞(どんらん)は前者を真実功徳、後者を不実功徳とする。なぜなら一方は悟りの果をもたらすが、他方はもたらさないからである。

[瓜生津隆真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「功徳」の解説

功徳
くどく

仏教用語。善根を積むことによって報いられる功能福徳の属性,性質を意味するサンスクリット語グナ guṇa訳語。それが「良い性質」「善いこと」の意に用いられ,さらに「利益」「すぐれた点」の意に転じて用いられた。

功徳
くどく
meritum; merit

キリスト教神学用語。ある善業を行うことによって得られる報償を受ける「権利」,またその報償,あるいはそれを得る道徳的善業のこと。改革派は善業の功徳性を認めない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「功徳」の解説

く‐どく【功徳】

仏語。
現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行。善根。「功徳を施す」
神仏の恵み。御利益(ごりやく)。
[補説]「こうとく」と読めば別語

こう‐とく【功徳】

功績徳行
[補説]「くどく」と読めば別語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「功徳」の解説

くどく【功徳】

仏教用語。サンスクリットのグナguṇaの訳。善い行為には,すぐれた結果を招く力が徳としてそなわっていることをいう。善を積み,あるいは修行の結果,むくいとして得られる果報,恵みという意味で福徳,利徳,利益,神仏の恵みを指し,またすぐれた結果をもたらす能力をもいう。造寺,造仏,写経,祈禱などの善行為には,現在または未来において幸福,利益をもたらす能力があるとみる。そして造寺造仏などの,よいむくいを受けるべき因としての善行を指して,善根(ぜんごん)功徳または功徳善根などという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android