コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動き認識 うこきにんしき,うごきにんしき

1件 の用語解説(動き認識の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

動き認識

 顔認識に次いでコンパクトデジタルカメラに搭載されはじめた新しい検出機能。この機能を自動追尾AFに利用するほか、感度自動調節を組み合わせることで、ブレを軽減に活用することができる。  具体的には、被写体の動きを検出して、動きが大きい場合はカメラが自動的ISO感度を上げてシャッター速度をアップし、ブレが起こりにくいようにする。逆に動きが小さい場合は感度を下げて高画質を追求する。平成18年7月にパナソニック(ヴィーナスエンジンIII)がはじめて搭載。その後、カシオ(EXILIMエンジン2.0)も搭載した。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

動き認識の関連キーワードアスペクト比デジカメピクトブリッジコンパクトカメラ顔認識AEコンデジコンパクトデジタルカメラCCDシャッターデジタルオーディオモニタ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動き認識の関連情報