コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物性タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

動物性タンパク質

 魚介類を含む動物由来のタンパク質,すなわち動物の乳,肉(内臓を含む諸種組織など),卵などのタンパク質で,通常食品タンパク質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の動物性タンパク質の言及

【栄養】より

…食物中のタンパク質が必須アミノ酸をどれだけ含んでいるかで,タンパク質の栄養価が決定される。一般に動物性タンパク質は必須アミノ酸がよくそろっているが,植物性タンパク質は,リジン,スレオニン,トリプトファンなどのアミノ酸が少ない。タンパク質
[無機質]
 ミネラルともいわれ,細胞の内外に含まれている。…

※「動物性タンパク質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

動物性タンパク質の関連キーワードグリシン(アミノ酸)ジメチルアミンビタミンB12新型栄養失調スレオニンアルギニングリシン擬製豆腐酸性食品ちくわ水産業リジンFPCブタハト塩辛痛風

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物性タンパク質の関連情報