魚介類

食の医学館の解説

ぎょかいるい【魚介類】

アジ(水産物/魚類)
アナゴ(水産物/魚類)
アユ(水産物/魚類)
アンコウ(水産物/魚類)
イサキ(水産物/魚類)
イワシ(水産物/魚類)
ウナギ(水産物/魚類)
カツオ(水産物/魚類)
カジキ(水産物/魚類)
カマス(水産物/魚類)
カレイ・ヒラメ(水産物/魚類)
キンキ(水産物/魚類)
キンメダイ(水産物/魚類)
コチ(水産物/魚類)
コイ(水産物/魚類)
サケ・マス(水産物/魚類)
サバ(水産物/魚類)
サワラ(水産物/魚類)
サンマ(水産物/魚類)
シシャモ(水産物/魚類)
スズキ(水産物/魚類)
タイ(水産物/魚類)
タチウオ(水産物/魚類)
タラ(水産物/魚類)
ドジョウ(水産物/魚類)
トビウオ(水産物/魚類)
ニシン(水産物/魚類)
ハモ(水産物/魚類)
ブリ・ハマチ(水産物/魚類)
マグロ(水産物/魚類)
フグ(水産物/魚類)
ワカサギ(水産物/魚類)
アサリ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
アワビ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
イカ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
ウニ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
エビ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
カキ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
カニ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
クラゲ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
サザエ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
シジミ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
タコ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
スッポン(水産物/貝類・甲殻類ほか)
タニシ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
ナマコ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
ホタテガイ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
ホヤ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
ハマグリ(水産物/貝類・甲殻類ほか)
その他の貝類(水産物/コラム)

出典 小学館食の医学館について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょかい‐るい【魚介類】

〘名〙 魚類、イカ、タコ、貝類、エビ、カニ、ウニ、ナマコなど、おもに有用な水産物の総称。水族。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉三「吾人の食すべき物は穀類、魚介類、鳥肉、獣肉及び果実、菜蔬の類なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚介類の関連情報