コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝尊 しょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝尊 しょうそん

?-? 鎌倉時代の僧。
藤原師家(もろいえ)の子。真言宗。京都醍醐寺(だいごじ)金剛王院の実賢灌頂(かんじょう)をうけ,寛元3年(1245)同寺座主(ざす)となる。建長3年法性寺にうつった。通称は松殿僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝尊の関連キーワード藤原師家鎌倉時代六勝寺小童保静厳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android