コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実賢 じつげん

1件 の用語解説(実賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実賢 じつげん

1176-1249 鎌倉時代の僧。
安元2年生まれ。藤原基輔(もとすけ)の子。真言宗醍醐寺(だいごじ)三宝院の勝賢,金剛王院の賢海から灌頂(かんじょう)をうけ,金剛王院5世となる。嘉禎(かてい)2年(1236)醍醐寺座主(ざす),暦仁(りゃくにん)元年(1238)東寺長者,大僧正。建長元年9月4日死去。74歳。字(あざな)は胎蓮。通称は大夫僧都,金剛王院大僧正。著作に「三宝院灌頂秘口決」「秘密要書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実賢の関連キーワード建春門院藤原公保呉澄建長高隈山むつ小川原開発地区河津祐泰近思録運慶蘇原御厨

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実賢の関連情報