コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝川春泉 かつかわ しゅんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝川春泉 かつかわ-しゅんせん

?-? 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
勝川春章の門にはいる。師の画風を的確にうけつぎ,天明-寛政(1781-1801)のころに細判役者絵や黄表紙の挿絵などをえがいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝川春泉

生年:生没年不詳
江戸後期の浮世絵師。勝川春章門人。寡作の画人だが,天明(1781~89)後期から寛政(1789~1801)前期にかけて,師風を墨守した細判役者絵や黄表紙挿絵などに筆を染めている。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

勝川春泉の関連キーワード生年

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android