寛政(読み)カンセイ

大辞林 第三版の解説

かんせい【寛政】

年号(1789.1.25~1801.2.5)。天明の後、享和の前。光格天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんせい【寛政】

日本の元号(年号)。江戸時代の1789年から1801年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は天明(てんめい)。次元号は享和(きょうわ)。1789年(天明9)1月25日改元。京都大火の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『左伝(さでん)』を出典とする命名。江戸幕府の将軍は徳川家斉(いえなり)(11代)。田沼意次(たぬまおきつぐ)の失脚後、1787年(天明7)から1793年(寛政5)にかけて松平定信(まつだいらさだのぶ)が老中職につき、大規模な幕政改革が行われた。この改革は「寛政の改革」といわれ、江戸時代の三大改革とひとつとされている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛政の関連情報