コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛政 カンセイ

デジタル大辞泉の解説

かんせい〔クワンセイ〕【寛政】

江戸中期、光格天皇の時の年号。1789年1月25日~1801年2月5日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせい【寛政】

年号(1789.1.25~1801.2.5)。天明の後、享和の前。光格天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんせい【寛政】

日本の元号(年号)。江戸時代の1789年から1801年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は天明(てんめい)。次元号は享和(きょうわ)。1789年(天明9)1月25日改元。京都大火の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『左伝(さでん)』を出典とする命名。江戸幕府の将軍は徳川家斉(いえなり)(11代)。田沼意次(たぬまおきつぐ)の失脚後、1787年(天明7)から1793年(寛政5)にかけて松平定信(まつだいらさだのぶ)が老中職につき、大規模な幕政改革が行われた。この改革は「寛政の改革」といわれ、江戸時代の三大改革とひとつとされている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

寛政の関連キーワード三奇人(寛政の三奇人)鸚鵡返文武二道石田遊汀(1)国後・目梨の戦寛政異学の禁寛政の三博士高島屋おひさ七分積み金清水敦之助お利尾の方寛政の三助久留島通同熊野正紹横瀬貞臣田沼意次松平頼看井上正広田沼意壱朱楽漢江災異改元

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛政の関連情報