コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾田台嶺 まがた だいれい

美術人名辞典の解説

勾田台嶺

江戸後期の南画家。尾張生。名は寛宏、字は文饒。中林竹洞に画を学び、のち江戸へ出て広瀬台山に師事する。晩年には元・明の古跡を修得する。山水・花鳥を能くした。天保頃(1830~1844)の人。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勾田台嶺 まがた-だいれい

?-? 江戸時代後期の画家。
中林竹洞にまなぶ。尾張(おわり)(愛知県)の人。山水・花鳥画をよくした。名は寛。字(あざな)は文饒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勾田台嶺の関連キーワード桑原正望福田半香青木昆山勾田香夢

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android