コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県 あいち

3件 の用語解説(愛知県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知県
あいち

面積 5165.04km2(境界未定)。人口 741万719(2010)。年降水量 1535.3mm(名古屋市)。年平均気温 15.8℃(名古屋市)。県庁所在地 名古屋市。県木 ハナノキ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あいち‐けん【愛知県】

愛知

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕愛知〈県〉(あいち〈けん〉)


中部地方南西部、太平洋に面する県。
東は静岡県、西は三重県、北は長野県・岐阜県に接し、南は伊勢湾・三河(みかわ)湾に臨む。東京と大阪のほぼ中間に位置する名古屋市は首都圏・近畿(きんき)圏に並ぶ中京圏の中心。産業面では自動車工業の一大中心地で、工業製品出荷額が全国第1位を占める一方、農業においても花卉(かき)・蔬菜(そさい)など商品作物栽培の先進県でもある。1人当たり県民所得も全国上位。尾張(おわり)地方・西三河地方・東三河地方に分かれる。人口726万3173。面積5165.12km2。人口密度1406.20人/km2。管轄市町村は38市14町2村。県庁所在地名古屋市。県花はカキツバタ
歴史を見ると、県東部、北設楽郡設楽(したら)町の鞍船(くらふね)遺跡で縄文時代前期の竪穴住居跡が発見されているほか、豊橋(とよはし)市の瓜郷(うりごう)遺跡では弥生時代の平地式住居跡や土器が発見されている。また、西部の清須(きよす)市から名古屋市西区にまたがる朝日遺跡は、弥生時代の大集落群(環濠都市)として注目されている。貝塚や古墳も多い。古くは尾張(おわり)国・三河(みかわ)国・穂(ほの)国に分かれていたが、律令(りつりょう)制により尾張・三河の2国となった。中世は在地豪族が割拠し、承久(じょうきゅう)の乱から室町時代にかけては足利(あしかが)氏が三河国の守護となった。戦国時代末期、尾張国から織田信長(おだのぶなが)・豊臣秀吉(とよとみひでよし)、三河国から徳川家康(いえやす)と歴史的人物を輩出し、秀吉による天下統一を迎えた。江戸時代になると、尾張国には徳川家康の九男徳川義直(よしなお)が入封し、62万石余の大藩として名古屋城と城下町を建設。対照的に三河国は10内外の藩領と旗本領・幕府直轄領・他藩領などに分割された。江戸中期からは知多(ちた)の木綿、瀬戸(せと)の陶磁器などの商品生産が発展。1871年(明治4)の廃藩置県により尾張国で2県、三河国で10県が成立するが同年中に諸県を統合し、尾張は名古屋県、三河は額田(ぬかた)県となった。1872年4月、名古屋県を愛知県と改称、同年11月に額田県を合併し、現在の県域となった。
地勢を見ると、県の北東部は美濃三河(みのみかわ)高原が占め、矢作(やはぎ)川・豊川(とよがわ)などが南西流し、それぞれ下流の岡崎(おかざき)平野・豊橋平野を経て三河湾に注ぐ。南部は知多半島・渥美(あつみ)半島が三河湾を抱く。岡崎平野の北西側には低い尾張丘陵を隔てて濃尾(のうび)平野が広がる。木曽(きそ)川は犬山市付近を扇頂とする日本有数の大扇状地と、その下流に大三角州を形成し、伊勢湾に注ぐ。近世以降、伊勢湾岸には広大な干拓地が形成された。気候は、全域が太平洋岸式気候の東海(とうかい)型に属する。遠州灘(えんしゅうなだ)や伊勢湾に面した渥美半島知多半島の沿岸は黒潮(日本海流)の影響で冬も温暖。
産業は、工業では、中京工業地帯の中枢を占め、自動車・電気機器・機械・鉄鋼・繊維・窯業・プラスチック製品などの工業分野では全国一、そのほかの軽工業の分野でも上位を占める。一宮(いちのみや)市尾西(びさい)地区の織物業、瀬戸市を中心にした製陶・窯業は近世から発展。第二次世界大戦後は伊勢湾・三河湾沿岸での重化学工業化がめざましい。各種交通機関の便にも恵まれ、内陸部への先端企業の進出も顕著。名古屋市には中京圏の商業機能が集積し、とくに卸売業の集中度が高く、小売業販売額でも全国有数。農業は、肥沃(ひよく)な耕地と気候・立地条件に恵まれ、早くからキャベツなどの野菜や花卉(かき)栽培が盛んなほか、全国有数の養鶏をはじめとする畜産の先進地でもある。渥美半島ほかの花卉・植木栽培は全国屈指の地歩を占める美濃三河高原にはスギの人工林が広がる。水産業では、矢作川河口部を中心にウナギ養殖が全国屈指の産量を誇る。三河湾沿岸ほかのノリ養殖も盛ん。
観光では、南部の三河湾国定公園には渥美半島先端の伊良湖(いらご)岬や篠(しの)島などの景勝が含まれる。北部、美濃三河高原の主要部は愛知高原国定公園に指定され、渓谷美の鳳来(ほうらい)峡・香嵐渓(こうらんけい)や史跡の長篠(ながしの)城跡などがある。長野・静岡両県境一帯は天竜奥三河(てんりゅうおくみかわ)国定公園、日本ラインなど木曽川中流域は飛騨(ひだ)木曽川国定公園に含まれる。特別史跡の名古屋城をはじめ名古屋市内観光も盛ん。国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能として尾張万歳・三河万歳・三河の田楽・知立(ちりゅう)の山車文楽(だしぶんらく)とからくりが伝わるほか、伝統行事に犬山祭の車山(やま)行事・綾渡(あやど)の夜念仏(よねんぶつ)と盆踊・鳥羽の火祭り・豊橋神明社(しんめいしゃ)の鬼祭・花祭などがある。
愛西市
愛知郡
海部郡
あま市
安城市
一宮市
稲沢市
犬山市
岩倉市
大府市
岡崎市
尾張旭市
春日井市
蒲郡市
刈谷市
北設楽郡
北名古屋市
清須市
江南市
小牧市
新城市
瀬戸市
高浜市
田原市
知多郡
知多市
知立市
津島市
東海市
常滑市
豊明市
豊川市
豊田市
豊橋市
名古屋市
西尾市
西春日井郡
日進市
丹羽郡
額田郡
半田市
碧南市
みよし市
弥富市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛知県の関連キーワード白浜愛知表日本高知白老土佐清水苫小牧登別宮古静岡[県]

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知県の関連情報