コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中林竹洞 なかばやし ちくとう

9件 の用語解説(中林竹洞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中林竹洞

江戸後期の画家。尾張生。名は成昌、字は伯明、別号に沖澹痴翁・江東山隠士。医師中林玄棟の子。山田宮常・神谷天遊に南画を学び、のち上洛して大成した。山水花卉を能くし、特に梅竹に優れた。嘉永6年(1853)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかばやし‐ちくとう【中林竹洞】

[1776~1853]江戸後期の文人画家。尾張の人。名は成昌。字(あざな)は伯明。瀟洒(しょうしゃ)な山水画を得意とした。著「竹洞画論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中林竹洞【なかばやしちくどう】

江戸後期の京都の南画家。名は成昌,竹洞は号。尾張の生れ。山水,花鳥にすぐれ,特に山水画は瀟洒(しょうしゃ)で静謐(せいひつ)な趣をもつ。《竹洞画論》《画道金剛杵》などの画論を著し,また経学国学を修めて《知名記》《三国本源論》などの著作も残した。
→関連項目山本梅逸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中林竹洞 なかばやし-ちくとう

1776-1853 江戸時代後期の画家。
安永5年生まれ。中林竹渓・清淑の父。名古屋の山田宮常(みやつね)に師事。豪商神谷天遊の宅で東洋古画を模写して文人画をまなぶ。のち京都にすんだ。「竹洞画論」「画道金剛杵(こんごうしょ)」などをあらわす。嘉永(かえい)6年3月20日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は成昌,昌盛。字(あざな)は伯明。別号に沖(仲)澹。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中林竹洞

没年:嘉永6.3.20(1853.4.27)
生年:安永5(1776)
江戸後期の南画家。名は成昌,字は伯明。竹洞,冲澹などと号した。名古屋の医師の家に生まれ,はじめ山田宮常に画を学ぶが,のち豪商神谷天遊の庇護を受け,同家所蔵の古画の模写によって画技を磨いた。同門に山本梅逸があり,27歳で共に上京。以後京都の南画界に重きをなした。作風は定型化した幕末南画のスタイルをみせ「長楽春望図」「孔雀図」(ともに個人蔵)などがある。また理論家で『竹洞画論』『画道金剛杵』などの画論のほか,儒学,国学などの研究にもとづいた国体論的な思想によるものなど多くの著書をのこしている。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかばやしちくどう【中林竹洞】

1776‐1853(安永5‐嘉永6)
江戸時代後期の尾張南画を代表する文人画家。名は成昌,字は伯明,通称大助竹洞のほか筆樵,融斎,痴翁などとも号した。父は名古屋の産科医玄棟。幼少から絵を好み,14歳で山田宮常の門に入って絵を学び,のち古画収集家であった豪商神谷天遊に従い,神谷宅に寄寓していた山本梅逸らと山水画はじめ古今の名画を模写して修業した。1795年(寛政7)天遊のもとを離れ,やがて京都に上って元・明代の絵画に触れ,また古社寺を巡って作風を形成し,山水画に長じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかばやしちくどう【中林竹洞】

1776~1853) 江戸後期の文人画家。名は成昌、字あざなは伯明。名古屋の人。医家に生まれ、京で南画を研究し、山水画に秀でる。著「竹洞画論」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中林竹洞
なかばやしちくとう

[生]安永5(1776).名古屋
[没]嘉永6(1853).3.20. 京都
江戸時代後期の南画家。医者玄棟の子。名は成昌,字は伯明,号は竹洞,融斎,沖澹。元の李 衎の墨竹図に感銘して竹洞と号したという。 27歳のとき上洛。中国元,明の古画を模写し,儒学,国学を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中林竹洞
なかばやしちくとう
(1776―1853)

江戸後期の南画家。名古屋の人。名は成昌(せいしょう)、通称を大助、字(あざな)を伯明(はくめい)といい、竹洞はその号。初め名古屋の画家山田宮常につき、のち収集家神谷天遊の下で古画を臨模し画技の基礎をつくりあげる。同輩に山本梅逸(ばいいつ)があった。27歳で梅逸とともに上京、画家として門戸を構え、儒学や国学の研究にも努める。『画道金剛杵(こんごうしょ)』『竹洞画論』など多くの著作を残す理論家肌の人であった。画は瀟洒(しょうしゃ)な山水画を得意としたが、やや形式的な感を免れない。『神州奇観図』『孔雀(くじゃく)図』などの作品がある。また子の竹渓も画家として聞こえた。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中林竹洞の関連キーワード勾田台嶺織田南豊丹鶴舟平井梅園三好汝圭藤井蘇堂矢野竹舌栗本翠庵斎藤抱山木村黙斎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone