尾張(読み)おわり

  • おわり をはり
  • おわり〔をはり〕

精選版 日本国語大辞典の解説

東海道一五か国の一国。北側は美濃国、東側は三河国に接して、南側は伊勢湾に面する。室町時代に守護代織田氏が勢力を拡大。江戸時代には徳川御三家の一つ、尾張藩が支配。現在の愛知県西半部にあたる。尾州。張州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尾張の言及

【愛知[県]】より

…東西約106km,南北約94kmで,知多・渥美両半島の突出によりカニの甲羅状を呈する。
[沿革]
 明治以前,愛知県は境川より東の三河国と西の尾張国からなっていた。近世には尾張国には親藩の尾張藩(名古屋藩)が置かれたが,三河国には吉田藩(1869年豊橋藩と改称),岡崎藩田原藩など譜代諸藩と天領,旗本領が散在した。…

※「尾張」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾張の関連情報