勾田香夢(読み)まがた こうむ

朝日日本歴史人物事典の解説

勾田香夢

生年:生没年不詳
江戸後期の画家。尾張(愛知県)の人。名は蘭。芳仙,香夢と号す。中林竹洞門下で,江戸の広瀬台山に学んだ勾田台嶺の妻。台嶺の江戸行きに同行した。中国・明代の風俗画家仇英 の作り出した美人画のスタイルを忠実に模写した作品が多い。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android