コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匡廬 キョウロ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ろ〔キヤウ‐〕【匡廬】

廬山(ろざん)異称。周の時代に仙人の匡俗が隠れ住んだのでいう。匡山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の匡廬の言及

【廬山】より

…また長江中流域の要衝である九江,湖口を山下にひかえ,軍事上の拠点としてもしばしば歴史に登場する。周代に匡(きよう)氏の7兄弟がここに廬を結んで隠棲して登仙したという伝説により,匡山・匡廬とも呼ばれる。その後も陶潜(淵明)が隠棲するなど,隠士・道士のすみかともなった。…

※「匡廬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

匡廬の関連キーワード荊浩廬山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android