コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬山 ろざん

7件 の用語解説(廬山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廬山
ろざん

「ルー (廬) 山」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろ‐ざん【廬山】

中国、江西省北部にある山。鄱陽(はよう)湖の北西岸にあり、北を揚子江が流れる。標高1543メートル。景勝地。晋の慧遠(えおん)白蓮社を結成した仏教の霊山。陶淵明の靖節(せいせつ)書院、白楽天の詩で知られる香炉峰がある。1996年、世界遺産文化遺産)に登録された。匡山(きょうざん)。匡廬。ルーシャン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

廬山【ろざん】

中国,江西省北部,九江市南方の名山で仏教の霊地。最高峰の漢陽峰は標高1474m。中国屈指の景勝地で,香炉,蓮花,双剣,天池,石耳,擲筆(てきひつ),鶴鳴などの諸峰があり林立する奇岩秀峰と山麓の湖水が独特の景観を呈する。
→関連項目九江【は】陽湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廬山 ろざん

山田廬山(やまだ-ろざん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ろざん【廬山 Lú shān】

中国,江西省の北端,鄱陽湖(はようこ)と長江(揚子江)をつなぐ水路の西に,東西を断層崖で画されて,平野中にそびえる山。主峰の漢陽峰は標高1474m。古い岩石が風化浸食され,山体は大きくないが谷が深く,随所に瀑布が形成され,山上には奇岩秀峰が林立し,山麓の湖水とあいまって美しい景観を呈する。古くから江南の名勝として名高い。また長江中流域の要衝である九江,湖口を山下にひかえ,軍事上の拠点としてもしばしば歴史に登場する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろざん【廬山】

中国、江西省北部の九江の南にある山。海抜1548メートル。北に長江、南に鄱陽はよう湖を望む景勝地。仏教、特に浄土教の霊山で、四世紀末に慧遠えおんが白蓮社をつくった所。朱熹しゆきの講学地として知られた白鹿洞書院、白楽天の詩に名高い香炉峰などがある。匡山きようざん。匡廬山。ルー-シャン。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廬山
ろざん / ルーシャン

中国、江西省北端部の名山。殷(いん)、周のころ匡(きょう)姓を名のる7兄弟が廬(いおり)を結んで隠棲(いんせい)したことからこの名が出たといわれ、匡山(きょうざん)ともいう。(はよう)湖の出口に、長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))江岸を見下ろしてそびえ立つ。北東―南西の走向を示す古い変成岩よりなる山塊で、幕阜(ばくふ)山脈の余脈の東端にあたり、長さ25キロメートル、幅約10キロメートル。最高点は漢陽峰の1474メートル。成因は断層運動による隆起作用で生じたもので、四周は崖(がけ)をなし、多くの滝があるが、山上は傾斜が緩く、谷も下部では険しい峡谷をなすのに上部では広く緩やかになっている。主要な山峰には漢陽峰、香炉(こうろ)峰、五老峰などがある。気候上の特色は年降水量1833ミリメートルと雨が多く、また霧が多いことで、夏にはしばしば雷雨が発生する。そのためしばしば雲海の上に山々がそびえ立つ光景が見られる。雨が多いので植物はよく繁茂し、種類も1700余種に達し、自然の植物園を形成している。このように絶好の名勝地であるため、古来詩人の来遊も多かったが、アヘン戦争以後、(これい/クーリン)地区は長江沿岸の欧米人の避暑地となり、また国民党要人の別荘も多かった。
 解放後は労働者の療養および保養の場所として開放され、嶺地区を中心に図書館、映画館、療養院、博物館、動物園などが開設され、山上まで自動車道路も建設された。解放前も国民党の重要会議が開かれたが、現在も山上で国や党の重要会議が開催される。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廬山の関連キーワード鄱陽湖贛江九江虎渓潯陽南昌ペトン江西[省]樟樹清江(中国江西省)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廬山の関連情報