コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十倉好紀 とくら よしのり

1件 の用語解説(十倉好紀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十倉好紀 とくら-よしのり

1954- 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和29年3月1日生まれ。平成6年東大教授。13年産業技術総合研究所強相関電子技術研究センター長を併任。光物性研究では光誘起相転移現象の発見,強相関電子系関連では電子型高温超伝導体の発見など,物質科学に物理学,化学,材料学,テクノロジーなどをもちいて新しい研究を切りひらいてきた。平成14年朝日賞。25年「強相関電子材料の物性研究」で学士院恩賜賞。兵庫県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

十倉好紀の関連キーワード牧二郎上田誠也川路紳治近藤淳近角聡信槌田敦西川哲治西田篤弘山崎敏光和達三樹

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十倉好紀の関連情報