十八羅漢(読み)ジュウハチラカン

  • じゅうはちらかん ジフハチ‥
  • じゅうはちらかん〔ジフハチ〕

大辞林 第三版の解説

十六羅漢に迦葉かしよう尊者・軍徒鉢歎ぐんとはつたん尊者を加えたもの。異説もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。一八の阿羅漢。賓度羅跋羅惰闍(ひんどらばっらだじゃ)・迦諾迦跋蹉(かだくかばさ)・迦諾迦跋釐惰闍(かだくかばりだじゃ)・蘇頻陀(そびんだ)・諾距羅(なくら)・跋陀羅(ばだら)・迦理迦(かりか)・伐闍羅弗多羅(ばしゃらふったら)・戍博迦(じゅはか)・半託迦(はんだか)・羅怙羅(らごら)・那伽犀那(なかさいな)・因掲陀(いんかだ)・伐那婆斯(ばなばし)・阿氏多(あした)・注荼半託迦(ちゅだはんだか)の十六羅漢に、慶友・賓頭廬(びんづる)、または、大迦葉(だいかしょう)・軍徒鉢歎を加えたもの。ただし経典により多少の差異がある。→十六羅漢

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android