経典(読み)きょうてん

精選版 日本国語大辞典「経典」の解説

きょう‐てん キャウ‥【経典】

〘名〙 (「きょうでん」とも)
① 仏の説いた教えの言葉。また、それを書き記した書籍。仏典経文。内典。(きょうぎょう)
※続日本紀‐天平一六年(744)一〇月「随使入唐、渉覧経典、尤精三論」 〔無量寿経‐上〕
② 一般に宗教において、その教徒の守るべき教えやきまりを示した神聖な書。また、その教えやきまり。キリスト教の聖書、イスラム教のコーランの類。経文。聖典
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)二「Qiǒdẽni(キャウデンニ) ミユル ゴトク」
[補注]経書(けいしょ)の類の場合は、「けいてん」と読む。→けいてん(経典)

けい‐てん【経典】

〘名〙 (万世にわたって変わらない法式と道理を書いた書物)
① 古代中国の聖人賢人のあらわした「四書」「五経」「十三経」などの書物。経書(けいしょ)
古今著聞集(1254)四「応神天皇十五年に、百済国より、博士、経典を具してきたる」 〔漢書‐孫宝〕
[補注]仏典、経文をいう場合は「きょうてん」と読む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「経典」の解説

きょう‐てん〔キヤウ‐〕【経典】

《古くは「きょうでん」とも》
仏の教えを記した文章・書物。経文。
ある宗教で、信徒の守るべき教えを記した神聖な書。キリスト教の聖書、イスラム教のコーランなど。
[類語]聖典教典仏典経文

けい‐てん【経典】

聖人・賢人の教えを記した書。「論語」「易経」など。経書。
きょうてん(経典)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「経典」の解説

【経典】けいてん

儒教の経書。〔漢書、孫宝伝〕寶曰く、は上なり、召大賢なり。(なほ)相ひ(よろこ)ばざることり、經典にはるるも、兩(ふたつ)ながら相ひ損せず。

字通「経」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の経典の言及

【仏典】より

… 日本では古来,漢訳の大蔵経が伝来されそのまま用いられたが,ほかに中国人の著作も尊重されて聖典の扱いをうけ,さらに諸宗派の成立以後は,各宗ごとに,宗祖をはじめ重要な人々の著作や伝記などが聖典とされている。人々が日常接するのはむしろこちらの方で,特定の大乗経典以外はほとんど読まれていない。《大正新脩大蔵経》は思い切ってその収集範囲を広げ,これら諸宗の聖典までを含めたものとなっている(印度撰述部32巻,中国撰述部23巻,日本撰述部29巻,古逸部1巻。…

※「経典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android