コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経典 キョウテン

6件 の用語解説(経典の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐てん〔キヤウ‐〕【経典】

《古くは「きょうでん」とも》
仏の教えを記した文章・書物。経文。
ある宗教で、信徒の守るべき教えを記した神聖な書。キリスト教の聖書イスラム教コーランなど。

けい‐てん【経典】

聖人・賢人の教えを記した書。「論語」「易経」など。経書。
きょうてん(経典)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

経典

信仰上での教えや規範を書いた文献のことです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうてん【経典】

〔「きょうでん」とも〕
〘仏〙 仏の教え、信仰の規範が記された典籍。仏経。経。内典。
ある宗教の根本的な教義などを記した書物。教典。 〔日葡〕
けいてん(経典) 」に同じ。 〔同音語の「教典」は教育上、または信仰上のよりどころとなる書物のことであるが、それに対して「経典」は仏教の信仰の規範を記した書物のこと、また、ある宗教の基本的な教義を記した書物のことをいう。また、「経典けいてん」と読めば儒教の教義を記した書物をいう〕

けいてん【経典】

聖人・賢人の教えや、宗教上の基本的な教えを書いた書物。 「儒教の-を学ぶ」 〔仏典についていうときは「きょうてん」〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経典の言及

【仏典】より

… 日本では古来,漢訳の大蔵経が伝来されそのまま用いられたが,ほかに中国人の著作も尊重されて聖典の扱いをうけ,さらに諸宗派の成立以後は,各宗ごとに,宗祖をはじめ重要な人々の著作や伝記などが聖典とされている。人々が日常接するのはむしろこちらの方で,特定の大乗経典以外はほとんど読まれていない。《大正新脩大蔵経》は思い切ってその収集範囲を広げ,これら諸宗の聖典までを含めたものとなっている(印度撰述部32巻,中国撰述部23巻,日本撰述部29巻,古逸部1巻。…

※「経典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経典の関連キーワード岩瀬京伝敬田京伝強電解質教門十七殿承香殿単伝伝教経田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経典の関連情報