コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六羅漢 じゅうろくらかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六羅漢
じゅうろくらかん

仏教を護持しようと誓ったとされる 16人の羅漢。羅漢は阿羅漢の略で,供養に値する人の意。『法住記』が漢訳されて以来,おもに禅宗で尊ばれ,彫刻絵画題材ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうろく‐らかん〔ジフロク‐〕【十六羅漢】

釈迦の命により、この世に長くいて正法を守り、衆生(しゅじょう)を導く16人の大阿羅漢。賓度羅跋羅堕闍(ひんどらばらだじゃ)・迦諾迦伐蹉(かなかばしゃ)・迦諾迦跋釐堕闍(かなかばりだしゃ)・蘇頻陀(そびんだ)・諾矩羅(なくら)・跋陀羅(ばだら)・迦理迦(かりか)・伐闍羅弗多羅(ばじゃらふつたら)・戍博迦(じゅはか)・半托迦(はんだか)・羅怙羅(らこら)・那伽犀那(なかさいな)・因掲陀(いんかだ)・伐那婆斯(ばなばし)・阿氏多(あした)・注荼半吒迦(ちゅうだはんだか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうろくらかん【十六羅漢】

〘仏〙 永くこの世にあり正法を護持し衆生しゆじようを導くという一六人の羅漢。すなわち、賓度羅跋羅惰闍ひんどらばらだじや・迦諾迦伐蹉かだくかばさ・迦諾迦跋釐堕闍かだくかばりだじや・蘇頻陀そびんだ・諾矩羅なくら・跋陀羅ばだら・迦理迦かりか・伐闍羅弗多羅ばしやらふつたら・戍博迦じゆはか・半吒迦はんだか・羅怙羅らふら・那伽犀那なかさいな・因掲陀いんかだ・伐那波斯ばなばし・阿氏多あした・注荼半吒迦ちゆだはんだか。第一の賓度羅跋羅惰闍は、日本では一般に「おびんずるさま」と呼ばれて有名。 → びんずる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六羅漢
じゅうろくらかん

世にとどまって仏法を護持する16人の羅漢(阿羅漢(あらかん))。(1)賓度羅跋惰闍(びんどらばらだじゃ)、(2)迦諾迦伐蹉(かなかばっさ)、(3)迦諾迦跋釐堕闍(かなかばりだじゃ)、(4)蘇頻陀(そびんた)、(5)諾距羅(なくら)、(6)跋陀羅(ばっだら)、(7)迦理迦(かりか)、(8)伐闍羅弗多羅(ばざらほったら)、(9)戍博迦(じゅばか)、(10)半託迦(はんだか)、(11)怙羅(らこら)、(12)那伽犀那(ながさいな)、(13)因掲陀(いんがだ)、(14)伐那婆斯(ばなばし)、(15)阿氏多(あした)、(16)注荼半託迦(ちゅうだはんたか)をいう。十六羅漢の思想の起源は明らかでない。第1番目の賓度羅跋惰闍(賓頭盧(びんずる))が仏陀から世にとどまれと命ぜられたことは『雑阿含経(ぞうあごんきょう)』にみられる。『弥勒下生経(みろくげしょうきょう)』には、大迦葉(だいかしょう)、(君)屠鉢歎(どばったん)、賓頭盧、羅云(らうん)の4比丘(びく)が仏法の滅亡ののちに涅槃(ねはん)するよう命ぜられたことが記されている。玄奘(げんじょう)訳『法住記』に十六羅漢の名が列記され、以後、中国や日本で「十六羅漢像」が盛んに描かれるようになり、敦煌(とんこう)にも五代ごろの壁画がある。[定方 晟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十六羅漢の言及

【五百羅漢】より

…500人の羅漢およびその群像。十六羅漢という呼称もある。十六羅漢は,仏法を護持することを誓った16人の仏弟子で,五百羅漢は,仏の滅後に行われた第1回目の経典編纂(結集(けつじゆう))に集まった仏弟子を指すといわれる。…

【羅漢】より

…釈迦の直弟子のうち高位のものはみな阿羅漢で,舎利弗(しやりほつ),目連(もくれん),迦葉(かしよう)などがいる。阿羅漢をまとめ,十六羅漢や五百羅漢に対する信仰も生じた。小乗仏教においては,阿羅漢は仏弟子の到達する最高の階位とされ,これ以上修すべきものがないという意味で無学ともいう。…

※「十六羅漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十六羅漢の関連キーワード山形県飽海郡遊佐町吹浦奈良県奈良市五条町大分県竹田市竹田タイフーン寺賓頭盧信仰横井孫九郎近藤 滋弥長谷川左近宅磨栄賀村井勘介五百羅漢宅磨俊賀矢野良勝円龕昭覚十八羅漢四座講式中村幽甫島村俊明法憧寺羅漢図

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十六羅漢の関連情報